平常点に対する評価

高校受験における内申書のような役割を果たす書類として、調査書の提出を求める中学校が見受けられます。その種の学校を志望校として、受験準備を進める場合には、本番の試験への対策を講じるだけではなく、通い先の学校における普段の成績や、日常的な学習態度などにも気を配ることが大切になります。

例えば、中学校へ提出される調査書や通知表には、欠席や遅刻といった情報が記載されています。したがって、自分の志望する学校が、欠席や遅刻をした回数や、その理由を重視して合否判定を行なうのかどうかをチェックしておくことが大切です。その種の情報を確認するためには、事前に志望校の入試説明会に参加して、担当者に質問してみるという方法が存在します。そのようなプロセスを経て、志望校で欠席や遅刻の回数、理由が重視されるとわかった場合には、評価の対象となる6年次における欠席、遅刻には注意を払うようにしましょう。

また、受験勉強でストレスが溜まっているからと言って、通い先の小学校で授業妨害やいじめ、悪戯などをしてそのうっぷんを晴らすと、周りの人に多大な迷惑をかけるばかりか、調査書の内容にも悪影響が及ぶ可能性があるので、気をつける必要があります。