複数回の受験機会

国立大附属中、難関上位私立中の中には、入学試験が一回だけというところが多い一方で、その他の学校では、複数回の試験を実施する事例が多くなってきています。そのように、複数回の試験を受けると、優遇措置が設けられている学校が存在するので、チェックしておくことをおすすめします。その種の措置がある場合、事前に公表されるので、入試説明会で関連する情報を聞き洩らさないようにしましょう。その際には、優遇措置の有無に加えて、ある場合にはどの程度の優遇がなされるのかも確認しておくことが大切になります。また、優遇措置が無い場合でも、複数回の試験を受けることで、その学校の出題傾向や会場の雰囲気に慣れ、得点がアップするという期待を持つことが可能です。

また、巷では「試験は水物」などといった言い回しが、よく使われます。そのように、実際の入学試験では、必ずしも普段の実力通りの結果が出るとは限らず、運などの不確定な要素によって合否が分かれるといったケースが起こり得ます。そういった事情を考慮に入れると、同じ学校の入学試験を、複数回に渡って受けることができれば、受験する回数が増えるにしたがって、合格の可能性は高まるということになります。