塾の指導対象人数

中学の受験を控えて、その準備を効率良く進めるために、塾へ通おうと考えている生徒や、その保護者が存在します。そのような場面では、指導の対象となる生徒の数に気を配ることをおすすめします。

例えば、個別指導塾では、講師と生徒が一対一の環境下に於いて、学習指導が行なわれます。そういった環境の中では、担当する生徒の適性やニーズ、希望条件を指導に反映させやすいというメリットがあります。例えば、担当生徒の苦手な分野に多くの時間をかけたり、そのジャンルに特化した教材を使用したりすることが容易になります。ただ、その一方で一緒に授業を受ける生徒が存在しないために、勉強に張り合いがなかったり、仲間と協力して同じ目標を達成する喜びが得られなかったりするという問題が起こりがちなので、注意する必要があります。

それらの問題を解決するためには、集団指導塾を利用するという選択肢が存在します。集団指導塾の場合には、複数の生徒が指導の対象となるため、生徒同士の競争や助け合いが生まれやすい環境と言えます。例えば、お互いにテストの点を競い合ったり、分からない問題の解き方を教え合ったりすることで、学習の効率が良くなることが期待されます。