指導者のスキル

塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスを利用して、中学受験の準備を進める場合には、指導してくれるスタッフの能力を適正に判断することが大切になります。そのように、指導者のスキルを知るための、一つの目安となるのが先生の在籍する学校、もしくは卒業校です。それらの情報をチェックした上で、先生の在籍校や卒業校が難易度の高い学校であることがわかれば、それだけ高いノウハウやテクニックを有することが期待されます。

そして、同じレベルの学歴がある先生の場合、入学試験の行なわれた時期から、どの程度の期間が経過しているかを確認することをおすすめします。入試の実施時期から長い期間が経つと、難易度や出題傾向が大幅に変わったり、中学受験に関するノウハウやテクニックを忘却したりするリスクが高まるので、気をつける必要があります。ただ、その一方で、試験を受けてからの期間が長い先生は、年齢が高く、豊富な実務経験を有する可能性が高いというアドバンテージが存在します。また、自分の志望する学校のレベルを考慮に入れた上で、適切な学歴を有する先生を選ぶことが大切です。

そのように、指導者を選ぶに際しては、さまざまな条件を考慮して総合的に判断しましょう。