周りの人達と自分自身

受験生が思う存分勉学に打ち込み、本番の試験でその実力を遺憾なく発揮するためには、さまざまな人たちによるサポートや協力が大切な役割を果たします。例えば、学校や塾へ通ったり、家庭教師をつけたり、通信講座を受講したりする上では、指導者や他のスタッフの世話になることとなります。また、保護者は教育費の負担や塾・試験会場への送り迎え、起床の手伝い、弁当・夜食づくりなどをしてくれる存在です。そして、自分と同様に、合格を目指して受験勉強に精を出している友人とは、ライバルとして競い合ったり、お互いのわからないところを教え合ったりすることのできる関係にあります。

そのように、中学受験の準備を進める上では、数多くの人たちによるサポートや協力を受けることとなります。とは言え、実際に勉強をして、試験を受けるのは自分自身であり、他の人に代わってもらうという訳にはゆきません。そうした意味で、孤独なたたかいと言える受験戦争に勝ち残るためには、それなりの心構えを持って臨む必要があります。そういう風に、自分一人のたたかいを、なるべく他人に煩わされず、マイペースで乗り切るためには、独学や個別指導といった学習環境が適しています。