競争相手や仲間の存在

実際に受験勉強をしたり、本番の入学試験を受けたりするのは受験生本人であり、他の人が成り代わるという訳にはゆきません。そういった意味合いからすれば、受験戦争は孤独なたたかいということになります。

ただ、だからと言って周りは全て敵と考え、常に警戒心を研ぎ澄ましているようなことでは、かえってストレスや疲労の度合いが高まり、受験準備に悪い影響をもたらすリスクが高くなるので、気をつける必要があります。

そうしたリスクを減らすためには、学校の教師や塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、親、友人などによるサポートや協力を得ながら、受験の準備を進めることが大切です。その中で、友人とはお互いにライバル意識や仲間意識を持って競い合ったり、助け合ったりすることのできる関係にあります。

そのように、友人との良好な関係を保ちながら、中学受験の準備を進めるためには、それなりの学習環境を整えることが大切です。例えば、一人で勉強したり、家庭教師をつけたり、通信講座を受講したりするのと比較して、塾へ通う場合には、周りにライバルや仲間が存在するというメリットがあります。特に、集団指導塾では、友人と一緒に授業を受けることができます。