志望校に特化した対策

ひと言で中学受験と言っても、受験生の志望する学校には、さまざまな種類があります。そして、それぞれの学校では、難易度や出題傾向の異なる入学試験が実施されるということに気を配って、受験準備を進めることが大切です。

そのように、志望校の試験問題のレベルや出題傾向を知るためには、その学校で過去に実施された試験の問題や解答、解説を研究することをおすすめします。そうした対策を講じることによって、試験問題の難易度に合わせ、頻出するジャンルにターゲットを絞った効率的な学習をすることが可能となります。また、実際の入学試験と同じ時間内に、過去問の演習を行なうことで、本番の試験におけるペース配分のしかたを考えたり、雰囲気に慣れたりするというメリットを得ることができます。

そういう風に、志望校の入試問題に的を絞った受験勉強をするためには、マンツーマン指導という学習環境が適しています。先ほど述べたように、志望する学校には受験生による違いがあるので、複数の学生が指導対象となる環境では、自分の志望校に特化した学習を進めることが難しくなります。そのように、個別指導の行なわれる教育サービスには、個別指導塾や家庭教師、通信添削があります。