勉強以外の問題

この先、中学受験を控えている生徒が、志望校の入学試験に合格することのできるよう、勉強にいそしんでいることは言うまでもありません。そのように、受験生にとって勉強が大切なのは間違いありませんが、だからと言って、生徒は勉強をするための機械ではなく、血の通った人間であることを忘れてはいけません。中学の受験準備を進める上では、そういった事情を踏まえた上で、勉強だけではなく、バランスの良い人間に成長することができるよう、気を配ることが大切です。

そして、いくら中学の受験を控えているからと言っても、生徒の抱える悩みや不安、疑問は、勉強に関することばかりとは限りません。例えば、クラブ活動や友人、異性との付き合い、家庭内の問題などにそれらの感情をおぼえる生徒が見受けられます。周りの人たちは、それらの問題を抱えている子どもを見つけたら、サポートの方法を誤ることのないよう、気をつける必要があります。

例えば、勉強の邪魔になるからと、他の誘惑を全て取り払うような対応をすると、かえって子どもの抱えるストレスが増え、悪い結果を招くリスクが高まります。そのようなリスクを減らして、勉強以外の問題を上手に解決する道を探すことが大切です。