親の役割と学習環境

実際に勉強したり、志望する中学校の入学試験を受けたりするのは受験生本人であり、誰もなり代わることができないという意味で、受験戦争は孤独なたたかいであることは間違いありません。ただ、受験生が思う存分勉強に打ち込んだり、本番の試験で持てる実力を遺憾なく発揮したりするためには、親や学校教師、塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、友人など、周りの人たちのサポートや協力が大切な役割を果たしています。

その中で、保護者は学校へ支払う授業料や入学金、教育サービスの利用料金、教材の購入費用、受験料など、さまざまな名目でかかってくる教育費を負担してくれる存在です。また、自家用車を使って塾や試験会場への送り迎えを行なったり、朝の起床を手伝ったり、弁当や夜食を作ったりする親は多く存在します。そして、勉学面だけではなく、生活面でのサポートをも行なってくれる親は、受験生にとって大切な存在と言えます。

中学受験の準備を進める上では、そういった事情を踏まえて、保護者との情報交換やコミュニケーションを密に取ることのできる教育サービスを利用することが大切です。そのような目的を果たすためには、個別指導というスタイルのサービスを利用することをおすすめします。