適切な目標の設定

志望校への合格を目指して、受験勉強を行ない、入学試験を受けるのは機械ではなく、生身の人間です。したがって、機械が定められた仕様書にしたがって個体差のないようにつくられ、冷徹に作業をこなすのとは異なり、受験勉強の効率や本番の試験におけるパフォーマンスは、受験生のモチベーションに大きく影響されることとなります。

例えば、中学受験の準備を進める上では、然るべき目的意識を持ち続けることが大切です。そういった場面では、現時点における自分の実力よりも高い目標を掲げ、それに向かって努力することにより、学習効果の高まることが期待されます。ただし、あまりにも高過ぎる、現実味のない目標を設定すると、いつまで経ってもそれに近づくことすら叶わず、志なかばにして挫折したり、後から設定した目標を変更せざるを得なくなったりすることにつながるので、気をつける必要があります。

そのように、自分の適性やニーズ、希望条件に合った目標を掲げ、それに向かって努力するためには、個別指導塾や家庭教師、通信添削などといった、他の生徒と足並みをそろえる必要が無く、生徒のオリジナリティを活かした指導を受けやすい教育サービスの利用がおすすめです。