プランの作成に際して

これから中学を受験しようと考えている生徒は、本番の試験までに残っている時間を計算した上で適切なスケジュールを作成し、それに沿って準備を進めることが大切になります。そのように、限られた時間を有効活用して、計画的に学習することによって、入学試験の直前になってやり残したことが多く発見され、慌てたり、本番でのパフォーマンスに悪影響を及ぼしたりするというリスクを減らすことが可能となります。

そういう風に、中学受験の準備をする上で、学習プランを作成する際には、個人的な適性やニーズ、希望条件を踏まえて、どの時期に、どのような内容の勉強をするのかを適切に設定することが大事です。ただ、受験生本人が、自分一人の力でプランを立てる場合には、経験や知識が不足して、不適切な判断をしてしまうというリスクがあるので、注意する必要があります。

そのようなリスクを減らすためには、独学で受験準備を進めるのではなく、塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスを利用するという選択肢が存在します。それらのサービスの中では、マンツーマン指導の行なわれるものを利用すると、指導対象が自分一人であるために、個人の特性を活かしたプランの提示を受けやすくなります。