精神的なケアのしかた

言わずもがな、志望校への合格を果たすためには、その学校の合格ラインに達する学力を身につける必要性があります。そういった事情から、受験生にとって勉強が大切であることは間違いありません。

ただし、いくら勉強が大事だからと言っても、勉強以外の楽しみは全て邪魔になると考え、それらを何もかも無くしてしまうような対応をすると、かえってストレスがたまって、学習効率が下がるというリスクが高くなるので、注意する必要があります。そういったリスクを減らすために、勉強以外の楽しみを上手に利用して、気分転換や精神的なストレスの解消を行ないながら、受験勉強をすることが大切です。

また、親や学校教師、塾講師、家庭教師、通信添削スタッフ、友人、恋人など、周りの人たちは、受験生本人が、勉強以外のことで精神的な悩みを抱えているのがわかったら、適切なサポートや協力をして、問題の解決にあたることが大事になります。そういった場面では、先ほども述べたように、頭ごなしに非難したり、勉強以外の誘惑を全て取り去ったりすると、かえって問題をこじらせてしまうリスクが高まります。そうではなく、受験勉強に活かす方法を見つけ出すように努めることをおすすめします。