質の高い勉強の方法

定められた仕様書にしたがってつくられ、冷徹に稼働する機械とは異なり、生身の人間である受験生は、精神的ストレスや身体的疲労を感じる存在です。そういった事情から、ストレスや疲労が原因となって、受験勉強の効率が悪くなるという問題の発生するリスクがあるので、注意する必要があります。言い換えれば、受験勉強におけるパフォーマンスは、費やした時間に比例するとは限らないので、効率の良い学習方法を見つけ出し、実行に移したり、気分転換や精神的なリフレッシュ、休養を上手に取ったりしながら、勉強の質を高めるよう努めることが大切になります。

受験生は、学者になることを目指して、学問の道を探求しようとしている訳ではなく、その当面の目標は志望校の入学試験に受かることです。勉強のクオリティを向上させるには、そういった事情を踏まえた上で、受験準備に特化した対策を講じることが大事になります。例えば、数学者となって、新しい公式や定理を発見するためには、ひらめきなど、持って生まれた才能がものを言います。しかしながら、中学受験に於いて算数の文章題を解くためには、解法のパターンを丸暗記するだけで対応することができるというのが実情です。