勉強する環境の違い

個別指導塾や家庭教師、通信添削といったサービスを利用して中学の受験準備を進める場合、マンツーマンの指導スタイルによるメリットを享受することができます。例えば、一緒に授業を受ける生徒が存在せず、自身の適性やニーズ、希望条件に合った指導が受けやすくなります。また、勉強や進路、その他の事柄について疑問や不安、悩みがある時に、周りの生徒の視線や聞き耳を気にせず、先生への質問や相談をすることができます。

それらのサービスの中で、個別指導塾を利用すると、一緒に授業を受けはしないものの、自分と同じように受験勉強をしている生徒が周りに存在します。そうした環境の中では、ライバル意識や仲間意識による学習効率のアップが期待されます。

また、家庭教師や通信添削の場合、指導を受ける場所は自宅になるため、気の置けない環境の中で、リラックスして勉強をすることが可能になります。ただし、その反面自宅で学習していると、緊張感が弱まって学習効率が落ちるという問題が起こるリスクが存在するので、注意する必要があります。また、自宅は生徒がプライベートな生活を送る場所であり、勉強に特化した環境が整っていないケースが多いという問題が存在します。