各試験の有効活用

入学試験の本番は、受験生にとって、それまでの努力が報われるかどうかが問われる重要な局面です。ただ、中学の受験を控えた生徒が受けることになるのは、何も本番の試験だけとは限りません。例えば、志望校の入学試験に模した問題の出題される模擬試験や、通い先の学校で実施される定期試験などを受ける機会があります。

それらの試験が行なわれる際には、その準備として集中的に勉強をすることとなります。そういった事情から、勉強のペースを上げたり、日常的な学習にアクセントをつけて、マンネリ化するのを防いだりすることができるというメリットがあります。また、テストの終わった後に、その結果を研究することによって、現在の自分がいる位置を正しく把握したり、志望校への合格に向けての課題を見つけ出したりすることが可能となります。例えば、模擬試験の結果は、志望する学校の入学試験に合格する可能性を予想するために利用することができます。そして、通い先の学校で行なわれる定期試験の結果は、調査書や通知表の無いように影響を及ぼしてきます。したがって、それらの書類の提出が求められる学校を志望校として準備を進める場合には、それなりの気を配って取り組む必要があります。