国語の受験勉強法

それぞれの中学校の入学試験には、複数の科目があります。そのような状況の中で、中学受験の準備を進める際には、各科目の特徴を理解した上で、個人的な特性に照合し、適切な対策を講じることが大切になります。

例えば、国語では長文読解や文法、漢字といった分野が出題範囲となっています。その中で、長文の読解問題を解くためには、それなりのセンスが求められます。長文読解問題では、筆者の心情など、抽象的なニュアンスが問われるため、一夜漬けで丸暗記するなど、短期的な対策で効果を上げることが難しいという問題点があります。したがって、長文の読解力を引き上げるためには、それなりのエネルギーや時間がかかることを踏まえ、日常的な生活シーンの中で本をよく読むなど、地道な努力をすることをおすすめします。

また、同じ長文読解問題でも、記述式と選択式では、適切な対応のしかたが異なります。それらの内、記述式の問題では、的を射ていない答えを長々と記入しても、高得点をあげることは難しくなります。その一方で、選択式問題の場合、当てずっぽうで選んだ答えが正解であるという可能性もあります。よって、選択式問題では空欄をなくすよう、気を配ることが大切です。