暗記による算数の勉強

自分は算数が苦手だと決めつけて、苦手意識を持っている受験生が見受けられます。特に、算数の文章題を解くためには、ひらめきなど、持って生まれた才能がものを言うという意見に惑わされると、そのような間違った先入観を持ってしまう状況に陥りやすいので、注意する必要があります。

確かに、数学者となって、新たに公式や定理を発見するのには、直感力などが大切な役割を果たします。しかしながら、受験生は学問を探求して、その道のスペシャリストになることを目指している訳ではなく、当面の課題である志望校への合格を果たすために、準備を進めています。そのように、受験準備にターゲットを絞った対策を講じる上では、解法の丸暗記によって対応することが可能となります。

そういう風に、解法のパターンを丸暗記する場合には、「基礎からコツコツと積み重ねることが大切」などといった意見に惑わされること無く、なるべく難しい問題から先に手をつけることをおすすめします。ただし、いきなり難問にチャレンジするのですから、自分の頭で考えて解こうなどと無謀なことはせず、問題を読んだらすぐに解答、解説をみて、「この型の問題は、このようにして解く」という解法を丸暗記します。