面接試験を受ける人へ

ペーパーテストに加えて、面接試験が実施される学校が見受けられます。そのような学校を志望校として、受験準備を進める場合には、筆記試験の合格ラインに達するだけの学力を身につけるだけではなく、面接試験に特化した対策を講じる必要性が生じてきます。それらの面接試験では、受験生本人だけではなく、その保護者が評価の対象となるケースが存在します。

面接試験で頻繁になされる質問や、それらに対する模範的な回答のしかたは、書籍やウェブサイトに数多く掲載されているので、参考にすると良いでしょう。ただし、それらのマニュアルを鵜呑みにせず、オリジナリティを活かすことが大切です。

また、面接では、面接官による質問に対する回答の内容だけではなく、会場に入ってから退室するまでの、一挙手一動足がチェックされています。例えば、立ち居振る舞いの礼儀作法、あいさつ、受け答えのしかた、姿勢、目線、表情、声の大きさ、話すスピード、言葉づかい、服装、アクセサリーなど、さまざまなチェック項目が存在します。それらのマナーを、日常的な生活シーンの中ですでに身につけているという場合には問題ありませんが、そうでなければ、面接試験までに習得しておく必要があります。